空間が変わる!アクセントウォールの上手な選び方 | 大阪南森町のアンティーク雑貨 ベンチエンテメディア - benchente 空間が変わる!アクセントウォールの上手な選び方 | 大阪南森町のアンティーク雑貨 ベンチエンテメディア - benchente

空間が変わる!アクセントウォールの上手な選び方

空間が変わる!アクセントウォールの上手な選び方

最近よく耳にする、アクセントウォールってどんなもの?

ウォールというからには、何か壁に関係するものなんだろうけれど、いわゆる壁紙とどう違うの?

…ひそかにそんな疑問をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、アクセントウォールの特徴をつかんで気軽に自宅のインテリアへプラスできる、楽しく上手な選び方についてお話します。

空間が変わる!アクセントウォールの上手な選び方

アクセントウォールとは?その特色と効果的な使い方

アクセントウォール、アクセントクロスともいわれますが、その意味はそのまま「アクセントになる壁(壁紙)」で、壁紙を一部分だけ異なるテイストのものに貼りかえるものです。

そこだけに注目すると、「そんなことして、お部屋の雰囲気がちぐはぐになっちゃわないの?」と感じられますが、そこはまさにアクセント。

アクセントウォールによって、壁の一部へちょっとした変化が生じ、それがインテリア全体にほどよいスパイスのような刺激を与えます。

アクセントウォールの色や柄、材質などは豊かなバリエーションがあるので、アクセントウォールを知らなかったらとても思いつかなかったような部屋づくりが誰でも実現できますよ。

9a35ebac7a2ae27766f5682b5f3934a7dc9363f4
b5126e2222e6374bc6e87ffe48cda722
a9rhrxkbut
%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%ab%e9%80%a0%e4%bd%9c%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e5%ae%8c%e6%88%90u3000%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%ba%97%e8%88%97

アクセントウォールの選び方や利用方法

とはいえ、どうやって選んでどうやって貼ればいいの?

壁紙はどうも大がかりなイメージがつきもので、業者さんを頼まなきゃいけないのでは?とか、賃貸では無理なんじゃないか?といった疑問が浮かびます。

もちろん、本格的で規模の大きなものは、さすがに専門業者さんを呼ばなくてはなりませんが、自宅のインテリアとしてアクセントウォールを試すくらいなら自力でも簡単にできます。

貼って剥がせるタイプを選べば、賃貸でも問題ありません。

アクセントウォールの選び方のコツとしては、その部屋のインテリアの雰囲気よりちょっとだけ違うテイストのものを取り入れること。

ナチュラルで素朴なコーディネートだからと、アクセントウォールを例えば木調などにすると、合わないことはありませんがなじみすぎて、せっかくのアクセントになるアイテムなのに調和しすぎてしまったりします。

これではアクセントウォールがもったいないので、ファッションやメイクのさし色のような感覚で考えてみると良いでしょう。

ガーリーなピンク系のお部屋であれば、アクセントウォールで少しスモーキーなグレーやブラウンの要素を加えてみる。

すると空間全体がぴしっと締まり、結果ガーリーな味わいももっと深みを増します。

アクセントウォールをもっと効果的に楽しむ方法

せっかく取り入れるなら、アクセントウォールの魅力が充分に発揮できるやり方で飾りたいもの。

壁全体のどの位置に配置すればいいかなどレイアウトも大切です。

あまり隅っこなどだと見えにくいですし、逆に目立ちすぎる箇所にどーんとあると、どれがアクセントかわからなくなってしまいます。

お部屋の中央に近いところで、けれど常に目に触れる場所でない箇所などがもっともアクセントとしてマッチしやすいですが、最初はトイレなどの狭い空間からトライしてみるのも良いですね。

また、住まいのオシャレさももっと磨きたいなら、アクセントウォールの持つ多彩な素材テイストを活用しない手はありません。

ざっと見ても、例えばレンガ風やタイル風、石畳っぽいもの、アンティーク調のもの、本当に多種多様です。

石畳っぽいアクセントウォールのそばに吊り鉢でアイビーなどのツタ植物を垂らせば、洋館かお城の壁のような感じが出ますし、色合いも豊富なので夏は青系の寒色で海辺のイメージ、冬は赤系の暖色でクリスマステイストも簡単に演出可能です。

その他、どんなお部屋でも合いやすく扱いも手軽なアイテムとして、フェリシモの夢見るヴィンテージ壁紙お手軽パッチワーク式貼ってはがせるアクセントシールもおすすめです。

これはシール感覚でどんどん貼れて、剥がすのも簡単。

壁の傷みやしみもカバーできますし、たくさん貼ってもワンポイントでも、海外のアパルトマンからインスパイアされたという柄ゆきが非常に素敵で、かわいいお部屋づくりを後押ししてくれますよ。

おうちインテリアに新風を吹きこむアクセントウォール、季節やイベントに合わせてぜひ試してみてくださいね。


大阪南森町ベンチエンテ - BASEショップ
ショップを見る