一人暮らし部屋のカーテンの選び方!部屋はカーテンで決まる | 大阪南森町のアンティーク雑貨 ベンチエンテメディア - benchente 一人暮らし部屋のカーテンの選び方!部屋はカーテンで決まる | 大阪南森町のアンティーク雑貨 ベンチエンテメディア - benchente

一人暮らし部屋のカーテンの選び方!部屋はカーテンで決まる

一人暮らし部屋のカーテンの選び方!部屋はカーテンで決まる
一人暮らし部屋のカーテンの選び方!部屋はカーテンで決まる

ここでは、一人暮らしのお部屋のカーテン選びについてお話していきます。

部屋の印象を大きく左右するカーテン。

生活必需品としても、インテリアとしても、その役割はとても重要ですよね。

とはいえ、なかなか住まいにぴったり合うカーテンを見つけるのは難しいもの。

納得のカーテン探しのために、少し選び方を掘り下げてみましょう。

基本の基本、窓に合ったカーテンの測り方

間違えたサイズのカーテンを買ってしまった…という話は、さほど多くありませんが、カーテンの測り方を勘違いしているとそうした結果につながることもあります。

カーテンの採寸は、まず横の幅を測ります。

カーテンレールの端、固定された金具がある位置から逆側の同じ金具の位置までをまっすぐ測ること。

カーテンの長さは、カーテンレールの固定金具からまっすぐ下へ測ります。

この時のポイントは、ぎりぎりの長さで測らないことです。

いわゆる腰窓というタイプの窓なら、少しカーテンの寸法を長めに決めると寒い時期の横風をシャットアウトしてくれます。

掃き出し窓といわれるタイプの大きな窓の場合は、カーテンを床に触れるぎりぎりに近いくらいの丈にしておくと、見た目が美しく床のホコリもくっつきません。

ですが、実は冬場はかなり長めのカーテンにしておいた方が、室内の寒さは段違いに軽減できます。

長いカーテンなら、外から来る冷たい風を布地の内側にしっかり押さえこんで、部屋の中が底冷えしてしまうことを防いでくれます。

また横幅も少し大きさにゆとりを持たせて計算したほうが、カーテンのドレープが美しく見えます。

この測り方はカーテンを購入するときも、オーダーメイドで発注するときも、基本になる採寸方法なので記憶しておくと便利ですね。

どんなカーテンにする?一人暮らしのお部屋に合うカーテンを見つける買い方のコツ

サイズがわかったら、いよいよカーテンを選びます。

一人暮らしの場合はワンルームであることも多く、そうなると窓の数もひとつかふたつ程度に限られてくるため、なおさら素敵なカーテンを選びたいですよね。

お部屋の家具の雰囲気やインテリアの傾向に合わせて、そこになじむカーテンを選ぶには、やはり実際にニトリやホームセンターなどへ足を運び、実物を見ながらイメージすると良いです。

なんとなくのイメージだけで、オシャレなものがいいなあ、可愛いものがいいなあと思っても、お部屋づくりは全体的なコーディネートが大切。

勢いで購入してしまわないよう、できれば何軒か回ってリサーチしたいところです。

どんな色にするか、柄のあるデザインにするか柄なしの無地か、季節なども考慮していきます。

カーテンの価格の相場は生地の品質やメーカーによってさまざまなので、予算は幅を持たせて考えることができれば一番ですが、お値段がちょっと張るものは遮光性や遮熱性、さらに防音性も優れているので総合的に決めたいですね。

レースカーテンでも、紫外線カットや外から見えにくい加工がされた品などもあります。

ニッセンなど通販でもいろいろな特徴のあるカーテンが販売されているので、カタログでじっくり検討するのもおすすめです。

インテリアのメインカラーからカーテンの色を選ぶ、夏は寒色・冬は暖色で決める、女の子らしいかわいいテイストの部屋ならカーテンはシンプルにする、おしゃれな雰囲気を出したいなら織り模様や幾何学模様にするなど、ポイントを絞って決定していきましょう。

カーテンを買ったあと、快適な暮らしのために

カーテンの取り付けは女性の一人暮らしでも簡単ですし、おっくうがらずに洗濯もこまめに行いましょう。

そして、重要なことですがカーテンを開けないで閉めっぱなしにしている…という状態はないようにします。

留守中など、カーテンが閉めっぱなしになっていると、空き巣に狙われやすくなる上に部屋の湿度も上がりやすくなります。

女性の一人暮らしでは防犯要素も大事ですので、窓の施錠も含めカーテン周りには常に注意を払うようにしましょう。

素敵なカーテンがあると、お部屋の居心地も格段にアップして毎日が豊かになります。

一人暮らしの日々を楽しくする、良いカーテンをぜひ見つけてくださいね。

おまけ、「日本にはカーテンで出来た家がある!?」

今回はカーテンの話題だったので、最後におまけとして、カーテンで出来た家が日本には存在することをご存知でしょうか?

設計者は坂茂という世界的に活躍される建築家です。

布や紙を使用した建築が有名で、奇抜な発想は唯一無二といえるでしょう。

東日本大震災等では、簡単に作れる避難所施設等を提供し話題になりました。

32 引用元:http://kenplatz.nikkeibp.co.jp

カーテンウォールの家と呼ばれるこの家は、独創的発想で坂茂の代表作のひとつとなりました。

坂茂は建築界のノーベル賞であるプリツカー賞を受賞しています。


大阪南森町ベンチエンテ - BASEショップ
ショップを見る